大便・下痢便をもらさない!大人用紙おむつの選び方

外出中でも大便・下痢便をもらさない!
大人用紙おむつの選び方についてと
格安で購入可能な大人用紙おむつ専門店のご紹介です
ヽ(*´∀`)ノ

 
 

外出中に大便・下痢便を
もらさないようにするための
紙おむつの使い方・選び方
簡単にご紹介します

大人用紙おむつの選び方

 

 
 
 
大便や下痢便を洩らさない為には
太もも周りを完全に密着できるように
紙おむつをしっかり当てること(履くこと)と
自分にピッタリあったサイズのものを選ぶことです
(`・ω・´)

 
 
大便・下痢便をもれないようにするには・・
①ピッタリとしたサイズの紙おむつを選ぶ
(大きかったり緩かったりすると隙間から便がもれる)
②テープタイプやギャザーがついているものを選ぶ

 
 

※ここで注意!
オムツを重ねると、尿がもれないようにするためには
有効かと思われますが、厚さが影響して
逆に隙間ができる危険性もありますし

重ねると重くなるので、ご利用者の体に負担になることもあります
コスト的に考えても、理想は1枚だけ使うことです
(>_<)

 
 
ちなみに、大便や下痢便などのモレを防ぐオムツ
アテントがここからの一番売れ筋の商品ですので
ご注文の参考にしてください
( -`ω-)b

 
 

大人用の紙おむつのサイズの選び方

 

 
 
 
赤ちゃん用のおむつには体重の表記があると思いますが
大人用の紙おむつには体重は関係ありません
例えば、自分のウェストが78cmで、
紙おむつ(パンツタイプ)のサイズ表記にウエスト60~85cmと書かれている場合は、
範囲内ですので身長・体重は関係なくそのおむつを穿いて大丈夫です
(但し、ギャザーを立てたり肌と紙おむつとの間の隙間をなくしたりしないと横から漏れますので、気をつけましょう。)
(`・ω・´)

 
 

テープタイプの紙おむつは、ヒップサイズで選びます(ウェストではありません)ので、
紙おむつを買いに行く前にお尻周りを測っておきます。
テープタイプパンツタイプでは同じ紙おむつでも選び方が異なりますので、気をつけておきましょう
m(_ _)m

 
 

最新の介護求人サイトの解説はこちら
 
 

 
 
 
 



介護求人

老人ホーム検索サイト資料請求について

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ