大人おむつ使用中のニオイ対策はどうすればいいの?

大人介護用おむつを使用中のニオイ対策についてです
介護をされている方だと、自分で排泄ができませんから
近くの人が定期的オムツを交換しなければなりません
(´Д`;)

 
 

大人オムツ使用者の
ニオイ対策についてご紹介
yahoo知恵袋での質問と
回答をレビューしていきます

大人のオムツ使用者のニオイ対策について

 

 

質問・介護用オムツ、使用中に臭ってくるのはどうしたら良いでしょうか?

母親が介護用のオムツ+パットを使用しているのですが、
(使用後のオムツ処理時のにおいではなく、着用時に)そばに居ると臭いがしてきます。
初めての介護経験なため、においがするのが当たり前なのか、当て方がわるい為に結果としてにおってくるのかが分かりません。
一応、消臭と記載があり、銀の効果で菌の繁殖をおさえるようなことが書いてありましたが
現にそばに居ると尿のにおいがします。
そういうものだと理解すべきなのでしょうか。
親の介護はやって当然のことと考えております。が、現在、においを鼻が覚えてしまったようでお風呂でも、外出時や買い物先でもにおいが不意に鼻先に漂う現象に悩まされています。
その時は滅入ってしまいます。
「着用中はにおうもの」と認識すべきものなのでしょうか?

 
 

オムツ使用時のニオイは、ほっておいても消えません
同じオムツを履いている時間が長時間になればなるほど
尿や便のニオイキツくなっていきますし
お尻がかぶれてしまう危険性も増していきます
ヽ(´Д`;)ノ

 
 
それでは続いて、先に紹介した
yahoo知恵袋大人オムツニオイ対策についての
回答をご紹介します
( -`ω-)b

 
 

回答その①

基本的にパットやオムツはこまめに交換する必要があります。
パットをしっかりと当てていれば、尿が外に漏れることはありませんが、
汚れたらその都度交換することが大事です。
その為にも、定期的にトイレに行くなどして確認しなければなりません。
オムツの方は汚れが無ければ交換する必要はありませんが、
それでも少なくとも一日に一回は交換するようにしましょう。
そうすれば匂いはだいぶ軽減すると思います。
初めての介護で戸惑うことは多いと思いますが、
なんでも一人で抱え込まずに、周りの人に相談しながら介護していけば、
母親様も安心して過ごされることと思います。

 
 

※上の回答の補足
私の経験上、オムツを替えるのは
1日1回では少なすぎます
ニオイがしたときにオムツを替えるのはもちろんですが
3~4時間に1回(特に食後や寝る前)には
トイレにいって、オムツが汚れていたら変えてください

m(_ _)m

 
 

回答その②

私自身が介護用のオムツとパットを使用しています。
排尿しない状況でにおう事はないですが、排尿後はどうしてもにおいます。
私は、すぐに取り替えるようにしています。
オムツが抗菌でも身体が不衛生な状態ではにおうと思うので、きれいにおしりふきで拭いてから新しいオムツとパットに替えてもらいます。

それから、におい対策として、居室に置き型ファブリーズやリセッシュなどほのかに香る消臭剤を置いています。
使用済みのオムツは、新聞紙でくるみ、ビニール袋に入れて密封し、蓋付きのゴミ箱に捨ててもらっています。

 
 

※上の回答の補足
おしりふきシートは、赤ちゃん用のものでOKですが
ファブリーズやリセッシュはお肌に触れないようにしてください
たまに、ファブリーズをおしりに吹きかける人がいますが
お肌がかぶれる原因です
(´Д`;)

 
 

回答その③

当然のことながら、使用前のオムツ類には臭いはついておりません。
排尿後、陰部は清拭や陰洗などして清潔になさってますか?
衣服やシーツ類に尿汚染はありませんか?
その他、周囲を汚染したままにしてませんか?
これらがあるといくら清潔なオムツを使用してもすぐ臭います。
私も失禁対応ばかりやってて鼻がバカになり、他の人から「すごい臭いだよ?」と指摘されました。換気もお忘れなく。

 
 

※上の回答の補足
オムツニオイに自分の鼻が慣れてしまうのは
介護士や看護師によくある話ですね
自宅介護をされてきる人は、そうならないように
近しい人の指摘に耳を傾けましょう
( -`ω-)b

 
 

大人オムツのニオイ対策をまとめると

 

 

こまめにオムツを取り替える
寝室やトイレにはファブリーズやリセッシュは必須!
自分の鼻が尿・便のニオイに慣れてしまわないように!

 
 
老人の自宅介護は、一人で抱え込まないようにお願いします
家族揃って、兄弟揃って親の介護を行うようにしていきましょう
近所の人への配慮も忘れずに!良好な近所付き合いをしておきましょう
ヽ(*´∀`)ノ

 
 
 
 



介護求人

老人ホーム検索サイト資料請求について

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ