介護認定の更新時期と期間、区分変更について簡単に解説

介護認定は更新していかなければならないものです
今回は、介護認定が有効な期間
介護認定の更新が必要になる時期を簡単に解説
区分変更の申請はいつでもできます
( ‘-^ )b

 
 

介護認定の更新時期は、
通常、はっきりと定められていますが
介護認定審査会の意見に基づいて、必要であれば
月単位で有効期間が定められる場合もあります

介護認定の更新が必要な時期

 
sinnsanagare1
 

①初めて介護認定を受けた場合

 
 

初めて介護認定を受けた場合、その有効期間は
原則として6ヶ月と決められております

更新する際は、市町村の介護保険担当窓口に
介護保険被保険証を持っていきましょう
ヽ(*´∀`)ノ

 
 

②以前に介護認定を受けている場合

 
 

以前に介護認定を受けたことがある人の介護認定の有効期間
原則として12ヶ月となります
更新の申請時期は、60日前からできますので、早めに申請をしておきましょう
施設やデイサービスを利用している方の場合は
施設の方から連絡がいくので安心です
(*´∀`)♪

 
 

介護認定の区分変更

 
howto_img06
 

要介護者の心身の状態が変化した場合
残りの介護認定の有効期間にかかわらず、いつでも
要介護状態区分の変更を申請(区分変更申請)することができます。

審査・判定で要介護度が上がることもありますが、同じあるいは下がることもあります
(*´∀`)♪

 
 

区分変更に必要となる書類

 
 
・介護保険要介護状態区分変更申請書
(※保険者によって名称は異なります。)
・被保険者証
・医療保険の被保険者証
(第2号被保険者の方の場合)

 
 

介護認定の区分変更は、ケアマネの方にお願いすれば
すぐに対応してくれますのでご安心ください

区分変更の理由は、難しく考えないで
身体機能が低下し、介護量が増えてしまった、や
認知症が進行し、介護の負担が増えた、等としておきましょう
( ‘-^ )b

 
 
 
 

私のブログでは、介護について相談できる
ネットの介護のお悩み相談サイトと提携しています

介護についてお悩みがある方、わからないことがある人
介護のお悩み相談はこちらからの記事をご覧下さい
ヽ(*´∀`)ノ

 
 



介護求人

老人ホーム検索サイト資料請求について

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ