介護認定とは?

日本では、平成12年4月から介護保険制度が始まりました
両親が介護を必要になったとき、介護認定(要介護・要支援認定)を受けることで
介護保険のサービスを利用でき、家族の負担がかなり軽減されます

(*´∀`)♪

 
 

今回は介護認定のお話です
介護保険のサービスを利用するには
要介護・要支援の介護認定を受けなければなりません

認定調査の後、在宅や施設でのサービスを利用できます

介護認定とは?

 
kaigo
 

もし、アナタのご両親が認知症や寝たきり、車椅子生活になった場合
一人では食事もできないし、トイレに行くのも難しくなります
こうなると、誰かがその人を支援(介護)しなくてはその人は生活していけませんね
もし、アナタ以外に面倒を見る人がいない場合は、
最悪アナタは仕事を辞めて、ご両親の日常生活を介護していくことになります

(>_<)

 
 
そういう人の介護負担をできるだけ減らすために
国は、様々な介護サービスを提供しています

ホームペルパーによる訪問介護や老人福祉施設への入所ですね
介護認定(要支援認定)とは、その介護サービス受けるときに必要となる認定(調査)で
その人の状態に合わせて基準が分けられています

(*´∀`)♪

 
 

介護認定の基準と介護サービスの例

 
aa13_2
 

介護サービスの種類と上限額は、介護認定で認定された介護度で決まり
上限額の範囲内で、必要なサービスを自由に組合せて利用することができます
介護認定には要支援1、2要介護1~5まであり
それぞれ、その人の状態・状況にあった支援を受けることができます
こちらは介護度に合わせた介護サービスの例です
( ‘-^ )b

 
 
介護度 介護保険を使ったサービスの例
要支援1・・・ホームヘルプと通所サービスを合わせて、週2回程度利用できます
●週1回程度、ホームヘルパーの日常生活支援(ホームヘルプ)
●週1回、日帰りの通所サービス(デイサービス)
●月2回、施設への短期入所(ショートステイ)
要支援2・・・ホームヘルプと通所サービスを合わせて、週4回程度利用できます
●週2回程度、ホームヘルパーの日常生活支援
●週2回、日帰りの通所サービス(デイサービス)
●週1回、施設への短期入所(ショートステイ)
要介護1・・・ホームヘルプなど何らかのサービスをほぼ毎日利用できます
●週4回程度、ホームヘルパーの訪問援助
●週2回、日帰りの通所サービス(デイサービス)
●月4回、施設への短期入所(ショートステイ)
要介護2・・・日帰りの通所サービスも含め、毎日1回程度のサービスを利用できます
●週3回程度、ホームヘルパーの訪問援助
●週1回、訪問介護(医療の必要がある場合)
●週3回、日帰りの通所サービス(デイサービス)
●施設への短期入所(ショートステイ)
要介護3・・・日帰りの通所サービスも含め、毎日2回程度のサービスを利用できます
●一日1~2回、ホームヘルパーの巡回
●週3回、日帰りの通所サービス(デイサービス)
●施設への短期入所(ショートステイ)
要介護4・・・日帰りの通所サービスを含め、1日2~3回のサービスを利用できます
●一日2~3回、ホームヘルパーの巡回
●週1回、日帰りの通所サービス(デイサービス)
●施設への短期入所(ショートステイ)
要介護5・・・ホームヘルパーの訪問などのサービスを含め、1日3~4回のサービスを利用することができます
●一日3~4回、ホームヘルパーの巡回
●施設への短期入所(ショートステイ)

 
 

ちなみに、老人福祉施設(介護保険施設・特養)への入所は要介護1~5までの人が
希望した場合に施設へ直接申込み、契約する必要があります

入所した施設で、介護サービスの計画を作成し、
施設への入所(サービスの利用)を受けることができます
ヽ(*´∀`)ノ

 
 

まとめ

 
soudan_photo
 

介護認定とは、介護が必要な状態である!と
国から認められる認定調査というイメージです

要介護認定の調査で、介護度(要支援1~2、要介護1~5)が決まり
介護が必要な状態であると認定を受けることで、実際に介護サービスが受けられるようになるのですね
(*≧∀≦*)

 
 
介護認定を受けることにより、適切な支援が受けられ
家族の負担も減らせます
介護認定については知っておいて損はありません
ぜひ、他の記事もご覧下さい
m(_ _)m

 
 
次回⇒ 介護認定を受けるには
 
 
 
 

私のブログでは、介護について相談できる
ネットの介護のお悩み相談サイトと提携しています

介護についてお悩みがある方、わからないことがある人
介護のお悩み相談はこちらからの記事をご覧下さい
ヽ(*´∀`)ノ

 
 



介護求人

老人ホーム検索サイト資料請求について

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ