介護タクシー(運転手)への転職の注意点や必要資格・求人など解説

介護タクシー(送迎の運転手)への転職の時に
必要になる資格やスキルなど解説します
介護の仕事への転職の参考にしてください
トップページに介護求人の選び方など載せています
m(_ _)m

 
 

介護の仕事は何もスタッフだけじゃなく
訪問介護や、介護老人福祉施設への
送り迎えに必要な運転手の求人もあります
一般的に、介護タクシーと呼ばれています

介護タクシー(運転手)の転職の注意点

 
kaigo
 
 
 

介護が必要な人のの送迎(運転)を専門に行う仕事を
介護タクシーと呼びます
普通のタクシー運転手と違うところは
運転する車(車椅子でも乗り降り可能)はもちろん
自宅から車、車から病院まで付き添いを行います
(`・ω・´)

 
 

・必須資格は2種免許

 
 
介護タクシーの運転手には、かならず2種免許が必要になっています
 
 

・運転手の給料は18万~20万

 
 
このブログから転職していった人の給料の平均です
ただし、いくら稼働しても給料は変わりません 独立して個人でやるなら別ですが・・・

 
 

・推奨資格はヘルパー2級(介護職員初任者研修)

 
 
介護タクシーの運転手は、2種免許のみで大丈夫ですが
訪問介護の事務所の場合は、ヘルパー2級(現介護職員初任者研修)の取得が必要です
ヘルパー2級の資格は、介護に携わる人なら持っておいて損はありませんので
介護タクシーのみの転職を考えている人でも、資格を取得しておくことをおすすめします
(転職にも有利です)

( ‘-^ )b

 
 

・その他注意点

 
 

介護タクシー運転手の場合は、病院への受診がもっとも多いと思いますが
他にも役所・銀行・郵便局・ちょっとした買い物などなど
足が不自由な高齢者が必要としている場所に向かうことになります
また、通常のタクシー運転手よりももう一歩、
利用者の安全に注意を配る必要があります
(>_<)

 
 

介護が必要な人の送り迎えは結構大変ですが
別段、難しい試験や面接があるわけではありませんし
年齢不問の求人も数多くあります
(このブログでもご紹介しています)
介護タクシーの利用者は年々増加する一方(高齢者が増えていっている)ので
将来性も充分ありますよ
ヽ(*´∀`)ノ

 
 

介護求人の検索はこちら!転職に使えます

 
 

私のブログでは、現役介護士がおすすめする
介護求人検索サイトやサポートサイトを解説しています
このブログからならどれも無料でお使いいただくことができますので
アナタも気軽にご利用ください

介護求人サイトの使い方・登録はこちら
介護で働くのが初めての人・転職方法などはこちら
 
 
 
 
 
 
 
 



介護求人

老人ホーム検索サイト資料請求について

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ