介護の求人を選ぶときに注意するポイント|自分が働く事業所を選ぶときはここを見るべし!

「ハローワークで紹介される求人広告の内容と実際の職場環境・待遇・給料が違っていた」という話は昔からある問題で、現在でも改善されていないのですが
介護の求人でも、「これってちょっと怪しいよね~」とか「ここは絶対嘘ついてるな」とか感じる点が多々あります
人手不足だからどの会社もとにかく人材を集めようと、嘘をついて働き手を募集しているというわけですが
騙される方はたまったものではありませんよね
(´Д`;)
 
 
求人広告に書かれているのが本当か?嘘であるか?は実際にその職場で働いてみないとわからないのですが
何も知らないよりかはある程度業界のことを知っておいたほうがよいことは間違いありません
今回はこれから介護の仕事をしようとされる方に向けて、実際に特養(特別養護老人ホーム)で5年以上働いている介護士の私が
最低限チェックしておいたほうがよい、介護事業所選び(介護求人選び)のポイントをお教えします

 
 

最低限知っておいたほうが良い
介護の求人の選び方をご紹介

介護求人が探せるサイトは沢山あるので
介護求人サイトの使い方・応募方法も参考にしてください

 
 

介護の会社選び(事業所選び)のポイント

 
介護施設の種類
介護施設は民間の施設と公的の施設があります、公的な介護施設はほぼ潰れないけど入居する高齢者の方の介護度は高く、働く人の負担はキツイですし給料も少なめです)
 
 
これから自分が働く業界のことを下調べしておくことは重要です
日本は超高齢化社会になっていくというのはアナタも知っていると思いますが
同時に、高齢者の親を介護するため、子供が自分の仕事を辞めなければならない(介護離職といいます)が問題になっています
 
 

介護離職が起こってしまう原因は受け入れ先が少ない為です
ざっくり言うと、「受け入れてくれる介護施設が少ない」とか「介護職の働き手が少ない」ということになります

 
 
少子高齢化の日本だと、人手不足はどの業種でも問題になってると思うのですが
介護職は昔から働き手が少なく、他の業種よりも深刻な人手不足に悩まされ続けています
 
 
この、人手不足はどの介護施設でも深刻な問題になっていて
介護施設・事業所の運営者は、毎日人手不足解消に頭を悩まされているわけですが
これから働く人の側で考えると、介護職の人手不足をもっとポジティブに
「介護は比較的すんなりと就職できる仕事」というように言い換えることもできますね
 
 

次の段落から、介護求人を選ぶポイントを詳しくご紹介していきますが
介護の仕事を始めるときは、どこも人手不足という点を頭に入れるようにして考えると良いでしょう
働く方が会社よりも優位に立っているわけなので、職場に妥協しなくても良いということ!
自分にピッタリあった職場を選ぶようにしましょう
( -`ω-)b

 
 

介護求人を募集している団体や企業は?

 
介護施設が倒産する割合

当然ですが、民間の老人ホームは倒産する危険性があります

 

求人に書いてある事業所
公益法人か、民間企業か、NPO法人であるかなどをチェックしましょう
( ‘-^ )b

 
 

民間企業やNPO法人の場合

 
民間の有料老人ホーム

民間企業が運営する有料老人ホームは、入居料が高いけど建物は大きくてキレイなところが多い。設備も最新のものを導入しているため介護職員の負担が軽減される

 
介護の施設(会社)が民間企業やNPO法人の場合は
介護保険スタート後に誕生したという所が多くあります

若干ノウハウの蓄積は乏しい面もありますが
新しい会社で、自分が職場を作り上げていく」というやりがいを強く感じることができます
また、求人募集は非常勤や登録ホームヘルパーが中心となる場合が多いようで
勤務時間、希望休の自由がききやすく
主婦(小さな子がいるママさん)が働きやすい職場です
(*´∀`)♪

 
 

ただし、民間が運営する有料老人ホームの倒産件数は年々増えているので
正社員として働いていこうと考えている人は倒産するリスクがあるということを考えておきましょう

 
 

公益法人(社会福祉法人や医療法人)の場合

 
吹田市の老人ホーム

上の写真は吹田市の老人ホーム施設です。

 

社会福祉法人や医療法人などは、
古くからその地域、地元に根づいている場合が多く

地域情報介護ノウハウの蓄積が豊かで人材育成にも熱心ですが
組織が固く、正職員中心の採用が多いので
子育て中のママさんなど、勤務時間などにある程度の自由が欲しい人には勤め上げるのは難しいかも知れません

( -`ω-)b

 
 
しかし、公益法人の老人ホーム(公的な老人ホーム)は赤字経営でも潰れる心配は殆どありませんので
正社員として働くには公益法人が運営している老人介護施設を選ぶことをおすすめします

また、正社員中心の職場ですが人手不足なのはどこも同じですので
パートの求人は年中募集していると思います
 
 
パートから正社員になる、正社員登用のケースも多いし
研修も多く、介護の基礎についてしっかりと学ぶことができますので
初めて介護で働く人、将来にわたって介護職を続けていきたい人にはおすすめの職場ですね
 

勤める会社に研修制度はあるか?

 
介護の研修
 
介護の仕事が未経験で、これから始める人が、
何処でも働ける人材になりたいのなら、
勉強会・研修が多い施設を探して
先輩のサポート体制のある現場かどうかもチェックしておきましょう

ダメな現場で3年働くだけで倫理知識技術含め使えないダメヘルパーになってしまう危険があります
(>_<)

 
 

自分が働きたい職場に研修があるかどうかは、私のブログで紹介している
介護求人サイトに登録すれば電話(メール)で詳しく聞けますので
未経験でやる気のある方もご安心ください
介護求人サイトの使い方・応募方法の記事はこちら

 
 
ただし、会社が行う研修はパートの人でも特別な理由がなければ受けなければならない(という雰囲気です)なので
小さな子供を育てている子育てママさんなど、時間的な余裕がない人は研修が少ない介護施設で働いたほうが良いかもしれませんね
(公的な老人福祉施設だと、施設職員の全体研修が1ヶ月~2ヶ月に1回くらいの頻度であると思います。)
 
 

介護業界が初めての方は思い切って特養・老健で働こう!

 
特養の写真

(上は、とある特養の写真です。ちなみに利用者さんの顔が映った写真を不特定多数が見るようなところに掲載してはいけません!)

 

介護業界で働くのが初めての方、未経験の方
思い切って、特養や老健などで働いてみることをおすすめします
特養、老健では夜勤も研修もあり、職員の質も高く
介護未経験の人だと正直言って仕事はキツく感じると思いますが
その分、倫理・知識・技術は民間運営の有料老人ホームとは比べ物にならないほど沢山身に付きます

(`・ω・´)

 
 
初めに特養や老健で、いろいろなことを学んで成長すると
他のどの介護施設に転職する自体になっても、より安心して働け
楽しくできると思います

( ‘-^ )b

 
 

実際、私は未経験でいきなり特養で働き始めました
人手不足の介護職なので、無資格・未経験でも採用が甘く
人材育成に熱心だったこともあり、仕事をしながらヘルパー2級(介護職員初任者研修)をとり、
先輩方からもいろいろな知識・技術・倫理を学んできました

というか逆に、無資格・未経験の方の場合、
民間のデイサービスやグループホームで採用してくれないところが多いです

(民間の施設は人材育成する暇が無いためだと思われます)

 
 

最後に・・勤務地の場所も超大事

 
居眠り運転

介護職は夜勤もあるため、居眠り運転にはご注意ください

 

当たり前ですが、勤務地の場所はかなり重要なポイントです
都市圏ならいいのですが、地方の場合は
マイカー通勤ができるかどうかもチェックしておきましょう

 
 
介護の仕事は、夜勤があります
「○○さんが休むことになったから代わりに来てくれ」といった急な出勤要請もあります
若い女性の場合でも、車で通勤できれば夜勤も問題なくこなすことができますよ

というか、車が運転できなければ若い女性は夜勤ができないので
正社員として雇ってもらえない可能性がありますので注意してください

 
 



介護求人

老人ホーム検索サイト資料請求について

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ